ピトー、ユピー、プフ【直属護衛軍】の念能力やそれぞれの最期

ここではキメラアントの王直属護衛軍であるピトー、プフ、ユピーに関しての能力やそれぞれの最期などをまとめています。

【キメラアントとは?】

ジン曰く外来種(暗黒大陸からきた種族)の1つで、通常は女王で10㌢程度しかない虫であったが、経過不明のまま重体の女王がヨルビアン大陸に流れ着く。

女王の大きさは2㍍を超える巨大な姿であり、最初は魚やコウモリといった生物をエサにしていたが、人間を襲う事によって更に凶悪な兵士が次々と生まれた。

摂食交配という特殊な産卵能力を持っており、女王が食べたエサの影響が次世代の蟻へと色濃く反映される。

キメラアント編の女王はその後NGLという自治国家へと潜伏し、人間を主な餌として王や護衛軍、師団長を含む兵隊蟻を多く産んだがメルエム誕生の際に身体を壊されてその後死亡した。

【護衛軍】

王直属の護衛軍は女王が特別に卵から産んだメルエムの側近の3人である。但し、女王の腹から直接生まれたのはメルエムとカイトの生まれ変わりのみであり、護衛軍3人が生前に何と混じったのかの詳細は不明。

ネフェルピトー

x966f26f2.jpg.pagespeed.ic.ykbCtf5x8Y

直属護衛軍で1番最初に生まれたキメラアントであり、猫の特長が見られる。円の範囲は2㌔を超え、それも自由自在に形や方向を操れる。カイトが女王を追って巣に向かった際に、遠く離れたカイト達に対して、一瞬で間合いを詰める程の脚力を持ち、カイトの右腕を切断した。その後カイトを倒した事で後述する特殊な能力を覚えた。

念能力:玩具修理者【ドクタープライス】
・具現化した怪物のような看護婦を通じて人体の治療や修理をする事が出来る特質系の能力。ピトーの能力の中では燃費が悪く、この能力を発動している間は円も張れなくなる。

念能力:黒子夢想【テレプシコーラ】
・自分自身の尾の部分から自身を操作させる黒子を具現化させるピトーの戦闘用の念能力。詳しい詳細は不明だが、テレプシコーラはピトーが”本気”で戦う時にしか発動させない。

ピトーの最期

討伐軍に協力したゼノのドラゴンダイブによってコムギが負傷し、その修理を王によって任された。ピトーは王にとってコムギが大切な人間であるという意見だったので治療するがそこへゴンがやってくる。ゴンの揺るがない意思に”王にも牙が届き得る”と本能で悟り、コムギ治療後にペイジンへ行き、カイトを殺した事をゴンに告げてゴンを殺そうとする。

しかしカイトが死んだという怒りと絶望から全てを投げ出したゴンの覚醒によって2撃ほどで動けなくなり、頭を潰される。死後はテレプシコーラが強まった念能力としてゴンを襲い片腕を奪ったが、最終的にゴンによってトドメをさされた。

シャウアプフ

182-600x337

直属護衛軍で2番目に生まれた蟻であり、蝶の遺伝子が強く見られる。ある意味、護衛軍の中では1番王への忠誠心が高く、狂信的とも言えるほど絶対的存在として王を崇めている。その為、王を揺るがそうとした人間であるコムギを殺そうとする場面も度々あった。

念能力:麟粉乃愛泉【スピリチュアルメッセージ】
・自身のオーラではなく相手のオーラを観察し、その対象の心理状態などを詳しく読み取れる。また鱗粉には催眠効果もあり東ゴルドーで選別に集められた住民はプフの鱗粉によって統制を図っていた。

念能力:蝿の王【ベルゼブブ】
・自身の肉体を細胞、粒子レベルまで分解する事が出来る。これによって分身を作る事も可能ではあるが本体は文字通り蝿程度の大きさを保つ必要がある。また、細胞レベルで分解出来る以外にも、他者の姿を細胞レベルで再現する事も可能。モラウの包囲技であるスモーキージェイルをすり抜ける事が可能なほど分解出来る個体は小さい。名前のベルゼブブとは聖書の登場する悪魔の名前でもある。

プフの最期

王がネテロの自爆により瀕死になった後に肉体を献上しユピーと共に王を再生させた。王の記憶の混乱に乗じて”プフ自身”が邪魔だと判断したコムギ及びそれに関わる記憶に繋がりそうな軍儀のコマや台などを廃し、コムギの命も狙っていた。しかしネテロの使用した爆弾のばらまいた毒に侵され、最後は群衆の中で血を吐いて倒れてしまった。

モントゥトゥユピー

hunter2011-117-2

直属護衛軍では末っ子(生まれた順番からすれば)唯一魔獣との摂食交配で誕生した護衛軍であり、圧倒的なパワーを誇る。個に非常に無頓着であり王の盾として躊躇なく身体を張る。護衛軍の中ではおそらく1番念能力が苦手であったが、ナックルとの戦闘を経て冷静に怒るという技とそれに最適化した形態変化を覚えた。

念能力:不明(形態変化)
・個別の名称は無いが、ユピーは様々な形態変化をする事が出来る。巨大化、腕の増殖、翼を生やすなど身体を自由自在に変化させて戦った。唯一最後になった形態は馬の足に身体と肩にオーラを貯めるケンタウロスのような形態ではあるが、それも戦闘時特有のものである、

ユピーの最期

プフと同じく王に肉体を献上した後は小さくなってしまった。その後、居なくなったピトーを探して宮殿内を徘徊中に血を吐いて死亡する。この原因もネテロが使用した爆弾の毒による効果である。

以上が王直属護衛軍の念能力や最期のまとめです。

強さ考察などは別記事にて行う予定(´・ω・`)