幻影旅団 パクノダの最後と団員Noの疑問【念図鑑】

幻影旅団のメンバーであり貴重な特質系能力を持ったパクノダ

団員Noは9である。

結成当初からのメンバーの1人であり、触れた対象者の記憶を読むという特異な能力を持っていた。

ヨークシン編で仇相手である『鎖野郎』ことクラピカに交渉の相手として選ばれた結果、団長優先の考えを捨てずに自らが最期の犠牲者になること祈ってジャッジメントチェーンで禁止されていた念能力を結成時メンバーに使用したことによって死亡する。

b9b7963f663e053535dad1bb6b2c16b0

パクノダの念能力

パクノダは自身が対象者の直接触れることによって、”記憶の源泉”にある映像を直接確認出来るという『特質系』の能力者。

触れられた対象は自分の思考には無関係な部分でパクノダの問いかけに対して『自身が結びつける存在やキーワード』を全て読み取られてしまう。

また別に『メモリーボム』という念能力を持っており読み取った記憶を弾丸に込めて任意の相手に記憶の譲渡をすることが出来る。

ただし、パクノダが自身の最期の瞬間に”残弾数”を気にしていたことから使用無制限の能力ではないと思われます。

パクノダの最期について

ヨークシン編でゴンとキルアが捕まった後、ホテルベーチタクルで団長クロロの『何を隠しているか』という質問を採用した事でウヴォーギンを倒した相手が『クラピカ』であることを読み取るも、それと同時にクラピカ側の作戦であった団長クロロの誘拐の策に陥る。

f5680791e6e91ff32b24b6723ac81159

*一瞬の隙を突かれたこともあり、当時のキルアのよって骨折の重症を負っている。この事実を考えると戦闘という面においては基本的に戦力ではなかったものと思われます*

それ以前にアジトでヒソカがドッキリテクスチャーを使用した事によって幻影旅団の中では不穏な空気が流れていた。

団長クロロが結成当初から唱えてきた蜘蛛のルールの1つに

『生かすべきは蜘蛛』だというものがある。

その団長クロロの救出を巡って幻影旅団の内部でフィンクス達と対立しそうになるが、パクノダは団長を救いたい一心でクラピカに従うことに決めた。

人質交換の際にはゴンとクラピカに『どうして逃げないのか?』という悪党らしい疑問をぶつけていたが、ゴンとキルアの意見を聞いて”感謝”を感じている部分が描写された(死後、オークションの会場で出会ったフィンクスの言葉)

人質交換は成立し、クロロにジャッジメントチェーンを刺しても生かすという判断を終えたことでクロロは旅団員とは接触出来なくなった。

7b2c6c3d3a7e0dbc6336a6ef212c1be3

帰ってきたパクノダはそれら全ての記憶を持っていることから、真実を知らせる方法として禁止された念能力の使用に踏み切った。

人間的な感情描写が少ない幻影旅団の中でも取り分け”人”としての苦悩を掘り下げられたキャラクターでもある。

パクノダの団員No.は何故『9』なのか?

ふと疑問になったのは初期のメンバーであるパクノダの団員No.が9であるという事。

普通に考えれば初期のメンバーであるので、5以下の数値であることが自然な筈、

しかし、実際に団員No.9という設定がある以上は

【幻影旅団のNo.には何か秘密がある】

という疑問を抱かざるを得ない。

幻影旅団にはまだまだ秘密が隠されているのだろうか。