幻影旅団 マチとヒソカの関係や能力の強さ【念図鑑】

幻影旅団1の可愛いキャラであるマチ。

ヒソカとは登場時からコンビとして活動する描写も多い一方で団長クロロへの忠心も人一倍ある。

変化系の能力者であり、オーラを糸状にすることによって治療を施すなど

女性らしい面の目立つ能力がある一方、

人体の修復をする際にはその正確性が必然的に問われることから、

糸以外の特殊な能力、もしくは彼女自身の目が非常に良い可能性がある。

名前のマチとは裁縫道具である「まち針」が元ネタなのではないかと思われる。

■念能力:念糸縫合

幻影旅団のメンバーはそれぞれ互いに教えていない能力があるらしい。現在のところマチの能力で判明しているのは念を糸に変化させたもので攻撃をしたり、追跡に使用するなどかなり使い勝手が良い能力。

さらに千切れた腕などを縫合出来る【念糸縫合】が出来る。初登場は天空闘技場でカストロに腕を落とされたヒソカへの治療と伝言役だった。

3

短い範囲であれば1トンほどの重さを持ち上げられるとの事だが、念の強度としてはめちゃくちゃ強い…と言うほどではない部類だと思われる。ただし、ヒソカを治療した時に傷口をキャプチャーするような描写があった事から凝の達人なのかもしれない。

■マチとヒソカとの関係

ヒソカが唯一女性として接したキャラクターがマチであったことから、ヒソカが好意を持っているという説が一般的に多い。

確かにヨークシン編で偽の団員として行動していた頃にはそういった描写が多かったが、蜘蛛を抜けた後に関してはあまり接触はない。

むしろ天空闘技場で一時的に死亡したヒソカを気遣うなどマチの方が優しさを見せる場面もあった。

そんなマチを直後に拘束したことから、ヒソカが女性として見ている可能性も0ではないが、むしろクロロとの戦闘へと持ち込む為に持ちつ持たれつで動いていた可能性もありそうだ。マチ自身は死んでいる間のヒソカにクロロの除念に対して礼を述べている。

クロロがクラピカに捕らえられた際にもクロロ救出派であったことから意外と情にもろいキャラクターなのかもしれない。

■マチの強さ

2

幻影旅団でトップクラスではなくともマチ自身はそれなりの強さがある。

ヨークシン編でまだ戦闘力や念能力が未熟だったとは言え、不意打ちを仕掛けたキルアの本気の貫手を胸の筋肉で止めるなどオーラの性質と筋肉を上手く利用している描写がある。

オークション会場で暴れた時には正面突破というよりは後ろから不意打ちをする場面が多かったが、それは能力に準ずる行動だろう。

さらに尾行していたゴンを捉えた際には一瞬でゴンの後ろへ回りこむなど基本的な戦闘力の高さは充分。クラピカの攻撃の0.5秒も余裕でかわせるだろうという発言からも、並のプロハンターよりは強いことが分かる。

ただし、キメラアント編の状態で考えるとキルアにも負けそうな気がしないでもない。

戦闘班というよりは補助能力が目立つ為、集団やチームプレイでこそ力を発揮するタイプだと言える。