幻影旅団 ノブナガが弱いと言われる理由と念能力の考察【念図鑑】

幻影旅団のメンバー ノブナガ=ハザマ

マチやパクノダ、ウヴォーギン達と同じく結成当初からの幻影旅団メンバーであり古株。

前線での戦闘が主な旅団員としての役割であり、クロロからは『死ぬことも仕事のうち』だと言われることもあった。

ウヴォーギンとは結成時からの深い絆があったことでウヴォーギンを殺したクラピカを非常に深く憎んでいる。

しかし、個人の感情を優先することと『蜘蛛』としての行動の違いをクロロに諭された後は、執着を捨てて任務に忠実になった。

ノブナガが弱いなんてとんでもない

幻影旅団はそれぞれが念能力を相当な高レベルで習得していることから、ゴンとキルアにまんまと逃げられた『ノブナガ』に対して『弱い』という声が上がることがあるが、個人的には全くそうは思わない。

念能力の勝負とは相性、オーラの量、技術など様々な要因で勝敗が決まるからだ。

円が4メートルしか張れないというのは一見すると弱点に感じるが、その後大きく成長したキルアはキメラアント編に至っても、ノブナガのそれよりも更に少ない範囲までしかカバー出来ない。(円の大きさが実力の全てではない)

幻影旅団の初期メンバー、かつ戦闘要員であるノブナガは経験に関してゴンやキルアを含めた主要キャラクターの数倍から数十倍の経験値を持っている筈であり、ウヴォーギンと2対多勢で数々の戦闘を繰り返してきたという過去も見逃せない部分だ。

また、真の実力は1対1になってようやく明かされる筈である。

タイマン限定の能力とは?

2016090701025490as

ノブナガの能力は『居合』だという見方でまず間違いないだろう。

実際に行動をしたのはクラピカを追跡する際に、コルトピの作った緋の眼を持って逃げようとしたスクワラに対してだけである。

ノブナガ自身の系統は強化系であることから、純粋に戦闘向きの能力になっている可能性はかなり高い。

また『あいつの能力はタイマン限定…』といった発言が作中であることから『発』として使える技は未だに披露していない。

性質的にはキルアのように円に入った対象を感知して斬るものであるだろう。

系統が強化系なので、『周』を使えば理屈上では愛刀自体も強化されることになる。

具現化した刀や操作する刀ではなく実物の愛刀を用いているのも強さのポイントだと言える。

『幻影旅団 ノブナガが弱いと言われる理由と念能力の考察【念図鑑】』へのコメント

  1. 名前:E 投稿日:2017/04/11(火) 06:40:53 ID:80e51c9a1 返信

    相手にタイマン、もしくは勝負することを宣言させることがスイッチになる発とかもありそう(`_´)

    • 名前:コン 投稿日:2017/04/11(火) 08:53:03 ID:2dba72ee1 返信

      ノブナガは間違いなく居合ですよねw

      それが発としてどうゆう作用をするのかは分からないですが。。。

      ヒソカが旅団を相手にする上で実は一番タイマンで手こずるのがノブナガなんじゃないかとか思ってますw

  2. 名前:匿名 投稿日:2017/05/10(水) 20:36:32 ID:13fa9ea22 返信

    クラピカの能力知ってても舐めプして負けそう。

  3. 名前:匿名 投稿日:2017/07/15(土) 01:23:15 ID:49740dd94 返信

    円の距離が短い理由は制約で発は相当強力だと思う。タイマン勝負に限っては

    • 名前:コン 投稿日:2017/07/15(土) 04:32:01 ID:0596d888c 返信

      その発想はなかった←マジで

      確かに、自分自身の円を制約することによって能力を最大限に高めてる可能性もありますよね。

      タイマン限定みたいなという台詞もあったので、その辺りも詳しく描いて欲しいw

  4. 名前:匿名 投稿日:2017/08/11(金) 02:07:10 ID:cc4508921 返信

    司馬遼太郎の小説(何かは忘れた)で読んだが、居合そのものがタイマン向きの技術らしい。

    複数人が相手の場合、抜刀しないとやられてしまうが、抜刀すると得意の居合はもうできなくなる。そして居合の達人は大抵は普通の剣術は並以下。