グリードアイランド編の解説まとめ

ハンター×ハンターに登場した念能力者専用ゲーム「グリードアイランド」についてまとめていきます。

グリードアイランドとはジンとその仲間達の念能力によって作られたハンター専用のゲームです。

ゴンがグリードアイランドに辿り着いたのはジンがくじら島に残した箱であり、その中にはJOYステーションと呼ばれるゲームハードのROMカードとゲーム内で使用する指輪が入っていました。

グリードアイランドは幻のゲームと言われており最低でも80億ゼニーという超高額な値段で取引されているもので、幻影旅団との戦いなどで資金作りが出来なかったゴン、キルアは大富豪でありグリードアイランドの大量保有者「バッテラ」が主催したゲーム参加への選抜試験に合格してプレイする事になります。

o0480055713385237415

グリードアイランドの中でビスケに会った2人はウイングに変わって弟子入りし、ゲーム内で飛躍的に成長。

ゲンスルーという大量殺人を行なったプレイヤーや、ジンの捕まえた昔の死刑囚であるレイザーなどの強敵をヒソカと協力しつつ倒して。最終的にグリードアイランドを初めてクリアする事になりました。

グリードアイランドのクリア条件と褒美について

グリードアイランドをクリアするにはゲーム内に登場する指定ポケットカードを全て集める事が条件でしたが、本物のゲーム同様イベントや様々な条件によって入手方法が異なるカードが多種多様に存在し、またプレイヤー同士の戦闘や呪文カード(スペルカード)による攻防などもあります。

最初にクリアした人間には褒美として好きな指定ポケットカードを3種類現実世界へと持ち帰る事が出来るというものでした。

バッテラは若かりし頃の恋人の昏睡状態を指定ポケットカードの1つである「大天使の息吹」によって治療しようと人生を懸けてゲームと人材を集めて最初のクリアに挑戦しましたが、ゴン達が参加している間に恋人は亡くなってしまいます。

グリードアイランドに登場するカード

グリードアイランドの重要なカードは主に2種類に分けられ

クリアに必要な「指定ポケットカード」

プレイヤー間で攻撃や防御に使用出来る「呪文カード(スペルカード)」が挙げられます。

他にも登場するモンスターや物などは全てカード化出来ますが、カードにはランクが設けられており、高ランクのカードほどカード化限度枚数が少ないのが特長です。

●指定ポケットカード一覧【No.1~30】

●指定ポケットカード一覧【No.31~60】

●指定ポケットカード一覧【No.61~99】

●スペルカード一覧【全40種類】

『グリードアイランド編の解説まとめ』へのコメント

  1. […] ⇒グリードアイランドのまとめ […]

  2. 名前:ゴン 投稿日:2017/07/17(月) 18:56:14 ID:3bdb06a34 返信

    重版だと暗黒大陸編がないの!?何で

    • 名前:コン 投稿日:2017/07/17(月) 20:47:03 ID:6dfade8ad 返信

      重版は買ったことないので分からないですが、

      暗黒大陸編自体がそもそもほとんど進んでいないからじゃないでしょうかね?

      連載中の内容もまだ限界海域でメビウス湖の内側の話ですので(´・ω・`)