ハンターハンター ヒソカVSクロロ戦 ネタバレや能力解説

現在連載中のヒソカVSクロロ戦の途中経過のネタバレと解説です。

天空闘技場でいきなり始まった今1番熱いバトルですが

まずはクロロが新たに使用可能になった能力から整理してみましょう。

2

クロロが新たに使用出来るようになった能力は復数あります。

流星街の長老能力や独自の栞、コルトピ、シャルナークの能力も入手していますね。

クロロの新能力

【番いの破壊者(サンアンドムーン)】

両手を使用する必要のある能力。左手で太陽の刻印を押して右手で月の刻印を押す。刻印が触れ合うと爆発し、その威力は刻印を押す時の触れている時間で異なる。この刻印は爆発するまで一切消えない為、一度刻印を押せば人形であろうとヒソカであろうと爆発まで消える事はない。更に刻印後は本や栞に無関係に維持出来る

【栞のテーマ(ダブルフェイス)】

栞を挟めば本を閉じても(この場合スキルハンターの本)その能力が使用出来る。更に栞を刺したページに加えて”現在”開いているページの能力も同時に使用出来る

【人間の証明(オーダースタンプ)】

スタンプを押せば人形を操作出来る。動かせるものと動かせないものの差は首があるかないか。スタンプを押された人形はコルトピのギャラリーフェイクで作られている為、ギャラリーフェイク発動中は首を落としても動きは止まるが消えはしない。

【転校生(コンバートハンズ)】

左手と右手で役割の違う念能力。左手の発動だけであれば本を出して使用し、右手も使用する場合は栞を使用する。一旦発動すればバインダーを開いている間は両手共に使用可能。右手で触れた相手はクロロの姿に入れ替わり、左手で触れれば相手がクロロの姿になる。両手で触れば姿が一瞬で入れ替わる。

それぞれの能力は互いが互いをフォローしあう形で使用されており、この能力の解説はヒソカに対しても行なっている。

現在の状況

最新号で解説された流れでは

ギャラリーフェイクを発動しつつ栞で固定して大量のコピーを製造し、サンアンドムーンを発動してコピーに太陽の刻印を押す。サンアンドムーンの能力の持ち主である流星街の長老は死んでいるので解除しても能力は解除されない。そこにコピーに対してオーダースタンプでヒソカを壊せの命令を与えている

場内に潜んだクロロは会場のマイクを使い前述のコピーとサンアンドムーンまでを大量に準備、その後製造された200体以上のコピーが一斉にヒソカを襲う

3

ヒソカは片手に人形の首を持ち、片手でバンジーガムを発動しコピーに接着。遠心力を利用してコピーを迎え撃つが引っ付けただけのバンジーガムでは数回の打撃で人形が壊れてしまう。

武器として左手に持っていたコピーの頭のサンアンドムーンがクロロによって発動され、左手が吹き飛ぶヒソカ。

思わぬ致命傷かとは思うがここまでが最新号での出来事なので来週以降に影響があるかどうかは不明です。